ミュージカル『王様のピッツァ』&ストーリーショー『ミッドナイト・ギャラリー』

19世紀後半のヨーロッパのとある半島。
ピッツァの具のように、有象無象の具材たちが、なにやら目論見はじめて……!?
どう焼きあがるかわからない、ピッツァ・ミュージカル『王様のピッツァ』!
第二部は、ニューヨークが舞台のスタイリッシュなショー『ミッドナイト・ギャラリー』。

ミュージカル・コメディ『王様のピッツァ』

19世紀後半のヨーロッパのとある半島。
そこでは、ピッツァの具のように、小国がひしめきあっていた。

その一国、ヴォルタ王国で、突如革命が勃発。
国王が行方をくらます事件が起き、ヴォルタ王国は、ヴォルタ共和国へと体制を変える。

留学先のイギリスで国王行方不明のニュースを知ったヴォルタ王国の王太子アルフレードは、内密に帰国する。
そして、旧知の仲である、同じく革命で女王の座を追われたヴィヴィアナと、王座奪還の計画を立てる。

一方、共和制となったヴォルタ共和国では、革命のリーダーであったロレンツィ議長が急死し、娘のロザンナが代理議長を務めている。

そこへ、隣国ダーニャ共和国の首相、モンテーロが、ヴォルタ共和国を乗っ取らんと乗り込んできて……。

各国の雲行きが怪しいなか、アルフレード元王太子は、ロザンナ議長と、互いにそれと知らずに街中で出会う。

さらに、アルフレード留学時代の親友ジュリオが、敵方となる議会の副議長であることがわかって……。

ヴォルタ共和国 VS. ダーニャ共和国。
消えたヴォルタ王の行方。

ピッツァの具材のごとき有象無象の人々の思惑が交錯する、その先には……。

羽良悠里
(ロザンナ・ロレンツィ
:ヴォルタ共和国国議会議長)

華波 蒼
(アルフレード・ヴォルタ
:元・ヴォルタ王国王太子)

斎 桐真
(ジュリオ・ランツァ
:ヴォルタ共和国国議会副議長)

妃桜みおん
(ヴィヴィアナ・ハート
:ダーニャ共和国大使)

月夜見 翔
(カルロ・モンテーロ
:ダーニャ共和国首相)

清花紗海
(ニコラ
:ピザ屋のウェイトレス)

宵野 誘
(ルカ・デュラン
:ロザンナの秘書)

北藤 光
(イザベラ・コンティ
:ダーニャ共和国首相秘書官)

紗蘭広夢
(ダストーネ
:ピザ屋の主人)

ストーリーショー『ミッドナイト・ギャラリー』

戦後まもないニューヨーク。
愛を失った一人の青年が、老舗の画廊を一人営んでいた。

ある晩、絵を愛する心も失っていた青年のもとに、絵の精があらわれる。
青年は、絵の精の導きのもと、4枚の絵の世界にいざなわれる。

第一の絵「難破船」

第二の絵「夏の恋人たち」

第三の絵「秋」

第四の絵「蓮の花」

華波 蒼
(リチャード
:画廊を営む青年)

羽良悠里
(ルイーズ、或いは
絵の中の女)

斎 桐真
(絵の精)

妃桜みおん
(第一の絵「難破船」
 嵐の海S ほか)

月夜見 翔
(第三の絵「秋」
 エドワード ほか)

清花紗海
(第二の絵「夏の恋人たち」
 恋人の女 ほか)

宵野 誘
(第二の絵「夏の恋人たち」
 恋人の男 ほか)

北藤 光
(第四の絵「蓮の花」
 かむろ ほか)

紗蘭広夢
(男爵
:画廊の古くからの上客)

公演データ

第六回本公演
ミュージカル・コメディ『王様のピッツァ』&ストーリーショー『ミッドナイト・ギャラリー』
2018年9月14日~16日
文化シャッターBXホール(東京都文京区)

脚本・演出 平野華子、俵 ゆり
作  曲  内海治夫(第一部)
      獅堂カオリ(第二部楽曲提供)
振  付  俵 ゆり、平野華子、森 有紗
      玉川 聖(ショー・日舞)
舞台監督  沖崎太郎(スタジオ猫の手)
      上原辰也(Bal style)
舞台美術  南 雅之(セントラルサービス)
照  明  中山 仁(アートプラス)
音  響  長柄篤弘(ステージオフィス)
      中村蓉子(koenji-studio)
宣伝写真  Kikineko Musik
広報協力  森 大地(電通テック)
      池田春佳(電通テック)
宣伝イラスト 京森康平(CAPTAIN UTOPIA)
制  作  劇団メリーゴーランド

次回公演のお知らせ

公演ダイジェスト『ショコラ・ショック』

公演ダイジェスト『囚われの林檎姫』

公演ダイジェスト『タイニー・ブーン』

公演ダイジェスト『偽りの卵』